Pocket

風水哲学は「陰陽五行説」が基本となっています。

この世のすべては陰陽のエネルギーでできていて、さらに「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素に分けることができるという古代中国の自然哲学です。

 この5つの元素は互いに影響し合い、変化して循環しています。

 

「木」の特性

tree

「木」は四季にたとえると「春」、一日の変化に例えると「朝」です。

芽吹きと成長のエネルギーで、拡張し上昇する「陽」の性質を持っています。

春になると、芽が出てどんどん上へ上へ伸びていこうとします。

方向性を定めながら、障害を阻みながら自由を求めて成長する、そんなエネルギーを象徴しています。

 

臓器の五行では、「肝臓と胆嚢」。

「肝」は栄養である血を蓄えて全身に供給したり解毒したり、気や血の流れをスムーズにする役割です。(気血の循環)

気の流れが悪くなると「気滞」という状態になり、頭痛や便秘、不満を持ちやすく情緒不安定になります。

「肝」の働きがスムーズだと、決断力、行動力、勇気と冒険心に溢れ、リーダーシップを発揮できます。

「肝」の働きが滞ると、イライラ、緊張、不眠、ストレス、情緒不安定、更年期障害、疲れ目、自律神経障害、耳鳴り、貧血、手足のしびれ、生理不順、生理痛に。

ノルマに追われるストレス社会は、「肝」を酷使していると言えます。

また、視力や爪も関係しています。

「胆」は決断を司り、気血の循環を促進する「肝」を助けます。

味の五行では「酸味」「柑橘系」、酸味は「肝」を養い、柑橘系がストレスを開放します。

感情の五行では「怒」、おこると「気」はカーッと逆上(上昇)します。

長続きしない、転職癖、無気力、やりたいことができず身動きが取れないイライラ状態の時は、「木」のエネルギーが乱れています。

ラッキーカラーは、緑、黄緑、青。

ラッキーアイテムは、まっすぐな形、一直線のもの、観葉植物、木製品など。

 

「火」の特性

「火」は、1日に例えると「正午」、四季に例えると「夏」です。

「火」はイメージ通り、活発に拡張して広がります。

「木」で成長した花が「咲く」、最も勢いのある最盛期のエネルギーです。

「木」の時期に方向付けした道を、具現化させる時期でもあります。

 

 臓器の五行は、「心臓」「小腸」です。

「心」は、火のように他の臓器を温め、血液を循環させ、栄養を運びます。

また感情と繋がり、大脳との関わりで意識や思考をコントロールし、味覚を正常に保つ働きもあります。

「心」の働きがスムーズだと、創造力、表現力に富み、チャーミングで深い愛情を受け取り、人にも与えます。

「心」の働きがに滞ると、さみしさ、苛立ち、悲観的、感情のアップダウンが激しくなります。

「小腸」は胃から運ばれてきた食べ物を消化し、清(栄養を運ぶ)と濁(不要分は排泄)に分けます。

味の五行は「苦」、大地が焦がされる夏は苦味が助けてくれます。(ピーマン、ゴーヤなど)

感情は「喜」、 自分が心から満足できること、アイデンティティと深くかかわります。

「火」は心から満足できる何かを認識させてくれます。

心から満足できる喜びは、自分の欲求が満たされたときに感じる力の源です。

人間関係のトラブルや借金、事故などどんどんやる気がなくなる時は、「火」のエネルギーが乱れています。

ラッキーカラーは、赤、ピンク、紫。

ラッキーアイテムは、三角形やとがった形のもの、太陽の光、照明、キャンドルなど。

 

「土」の特性

「木」で芽吹いた目標が成長し(上昇のエネルギー)、「火」で情熱をもって行動し花を咲かせ(活発、拡散のエネルギー)、「土」で形(実)となる(下降のエネルギー)。

 「土」のエネルギーは、形を作ったり変容し維持するエネルギーです。

季節に例えると、安定して下降する晩夏、1日でいうと「午後」です。

 

臓器の五行は「脾臓」「胃」。

「脾臓」は、消化と栄養の運搬をします。

食べ物や飲み物から得た栄養を生命エネルギーへと変容させ、蓄え、維持する変容のエネルギーで、筋肉や皮下の組織を養います。

「脾臓」の働きがスムーズだと、食べ物、知識の消化吸収がスムーズで、身体やエネルギーを効率よく作ります。

「脾臓」の働きが滞ると、理解できない、考えすぎてしまう、集中力が低下、本来の目的を忘れ腑に落ちない状態になります。

「胃」は食べ物を取り入れ、消化吸収し、小腸に送ります。

味の五行は「甘」、湿気を好む脾臓は甘味で水分を蓄えます。(穀物などの甘味、砂糖は腎臓に悪影響)

感情は「淋」。

  「土」は「陰」の性質で、観念や情報収集、記憶、分析、吸収と関わっています。

頭を使いすぎると土のパワーが弱くなり甘いものが欲しくなります。

「土」は、プラスに働くと思慮深く、相手を受け入れ思いやりをもって相手を援助し、滋養を与えます。

 「土」の気のバランスが崩れると、集中力に欠け、考え過ぎて胃を痛めたり、過度の依存心や過保護、相手に強く求めることも。

 家庭不和、生活困難、混乱、依存、食欲不振、ストレスからくる大食い(食の乱れ)、消化不良の時は「土」のバランスが崩れている体からのサインです。

ラッキーカラーは、黄、茶、ベージュ。

ラッキーアイテムは、陶器、磁気、レンガ、粘土製品など。

 

「金」の特性

金は土が凝固して純化されてできますが、「金」のエネルギーも凝縮して一つにまとまる純度の高いエネルギーです。

 中央に向かって集まる・・・ということで内省の時期でもあります。

 1日で言うと「夕方」、季節は「秋」。

 

臓器の五行は、「肺」「大腸」。

「肺」は、呼吸(気)を調節し、気を張り巡らせます。

外からのエネルギーを取り入れたり、体内の汚れたエネルギーを吐き出します。

皮膚、汗腺、毛穴、鼻や喉の呼吸器官を含めてバリアを張る役割があり、熱を発散し、体温の調節をします。

「肺」の働きがスムーズだと、気を上手く体内に取り入れ、巡らせることができ、外からの邪気の侵入を防いでくれます。

「肺」の働きが滞ると、気持ちがふさぎ込み、ネガティブな感情が堂々巡りします。

他人との接触がうっとうしく、孤立感を高め、自分の殻にこもり、他人を傷つけ、自分も傷つき悲観的になります。

「大腸」は、余分な脂肪分や糖分を運搬するパイプ役です。

味の五行は「辛」、パソコン(金)の普及でIT社会の現代だからこそ、激辛などの辛いものが流行っています。

感情は「悲」。

外界と自分自身、人間関係のつかず離れずの距離感がテーマ。

 「金」のエネルギーがプラスに働くときは、周りと調和がとれ、対話が得られて秩序が保たれますが、エネルギーが崩れると外から影響されたり、傷つきやすくなります。

 浪費、享楽的、アルコール依存、自己評価が低い心配性、神経質、風邪をひきやすい、鼻炎、アレルギー、花粉症、アトピーなどの不調は、「金」が乱れています。

ラッキーカラーは、金、銀、白。

ラッキーアイテムは、金属製のもの、貴金属、クリスタル、機械製品など。

 

「水」の特性

水は漂う源のエネルギー、最も本質的なエネルギーで、生命の源として内側にあらゆる潜在的可能性を秘めています。

 1日で言うと「夜」、季節は「冬」。

 

臓器の五行は「腎臓」「膀胱」。

「腎臓」は体液(水分)の調整を司っています。

血液から余分な体液や老廃物を取り除く機能を持ち、 成長の関わり、骨や歯、生殖器官、耳にも関連しています。

「腎」の働きがスムーズだと、気力がみなぎり、身体も元気に満ちて、活動的、想像力に満ちています。

「腎」の働きが滞ると、気力が低下して何事にも弱腰になり、途端に老化が進みます。

「膀胱」は尿を貯蔵し排泄します。

 味の五行は「塩辛」。

感情は「恐」。

  「水」のエネルギーがプラスに働くときは、自分で運命を切り開く、自己実現をする精神的エネルギーに満ちています。

「水」のバランスが崩れると、無気力、虚脱感、自信喪失不安感などが湧き上がり、不安が強くなりすぎると喜びや愛情が欠けてきます。

 老廃物の代謝が悪い、冷え性、過労、老化、むくみ、生命エネルギーの低下、抜け毛、白髪などの症状が現れたら、「水」のバランスが乱れています。

ラッキーカラーは、濃い青、黒、ダークグレー。

ラッキーアイテムは、ミネラルウォーター、ガラス製品、水槽など。

 

 

 

 

 

 

 

Pocket