Pocket

街角の花屋さんから香ってくる花の香り、新緑の香り、フルーツの香りに触れると、とても心地よい気持ちになりますね。

植物の「気」の力は、私たちに大きな恩恵を与えてくれます。

そんなアロマを、もっと活用してみませんか?

 

アロマ(aroma)とは

まずはアロマとは?

アロマとは「香り」のことで、主に植物や果実、スパイスのものを言います。

自然の植物から抽出した香り成分を精油(エッセンシャルオイル)と呼び、その成分は私たちの人間の自然治癒力を高め、本来の力を取り戻してくれるものとして、ヨーロッパではアロマテラピー(芳香療法)として用いられ、日本でも1980年後半ごろから広がりはじめました。

 

アロマの歴史は古く、人類の文明の中で重要な役割を果たしてきたようです。

宗教儀式や結婚式、化粧品、お葬式、医療など、生活の中で使用され身近な存在でした。

エッセンシャルオイルを初めて使用したのは古代エジプト人であると考えられていて、古代の中国やギリシア、ローマ、イスラエル、アラビアなども香りを治療に使っていたようです。

 

純度の高い高品質の精油は、治療的な効果を発揮しますが、その化学成分は、植物の生育した土壌の状態、使われた肥料、地理的な特性、機構、標高、収穫時期、収穫方法、蒸留プロセスなどによって影響を受けるため、オイルを生産するのにとてもコストがかかります。

そのため不純物の入っていない純粋なオイルは高額ですが、とても価値のあるものです。

「香り」に含まれる成分は、脳や呼吸器、皮膚から血液やリンパ液に入り、全身を巡って体内で効果を発揮します。

良質なアロマは希釈してマッザージ剤として身体のケアに、心のケアに、お肌のケアにとても効果を発揮します。

 

空間の浄化にも

古代、宗教儀式では場の浄化のために「香り」を用いていました。

どことなく漂ってくる良い香りの空間は、本当に心地よいですね。

風水では、「心地いい」を日々感じていくことが基本と言われています。

アロマを漂わせた心地よい空間は、幸運を呼び込みます。

アロマポットやアロマデフューザー、アロマキャンドルなどで空間を香りで満たすと、場が浄化されます。

 

アロマと風水のかかわり

アロマと風水ってどう関係するのでしょう?

風水の基本思想に、この世は陰陽と、5つのエネルギーですべて分類することができるという「陰陽五行説」があります。

「陰陽思想」とは、すべての事象は「陰」「陽」という相反する形で存在し、それは、一方があって他方がある・・・つまり、お互いになくてはならない存在である、というものです。

たとえば、光と闇。男と女。善と悪。天と地。生と死などですね。

「五行思想」とは、宇宙の万物は「木・火・土・金・水」という5つの要素によって成り立っている、というものです。

その5つには、「相生」と「相克」の関係があり、それぞれの要素同士がお互いに影響しあうという考え方です。

 

どちらも「宇宙の万物はすべてかかわり、繋がっていて、何一つ無関係のものはない」という世界観が込められています。

陰陽五行説は、政治、人事、天文学、音楽、そして医学などのあらゆるものに適応されています。

そして、この陰陽五行説は、アロマテラピーとも深いつながりがあるのです。

 

アロマの陰陽

アロマは「陰陽」の使い方ができます。

例えば、沈静し、滋養する「陰」の性質を持つ精油は、ローズ、ペチパー、サンダルウッドなど・・これは、怒りや不眠、炎症症状など、心や体に熱を持っている「陽」過剰の状態に用います。

また、温め、活気を与える「陽」の性質を持つ精油は、ジンジャー、ローズマリー、ブラックペッパーなど・・これは、冷えやむくに、倦怠感などの心や体の中の「動き」が停滞している「陽」不足の状態に用います。

 

アロマと五行

また、アロマは性質によって風水の五行「木火土金水」に分類することができます。

 

「五行」の性質をアロマにあてはめると・・・

ぐんぐん伸びゆく上昇のエネルギーを持つ「木」の性質を持つ精油は、ベルガモットなど

発散して拡大してゆくエネルギーを持つ「火」の精油は、ジャスミンなど

下降し、温かく包み込むエネルギーを持つ「土」の精油は、スイートマジョラムなど

凝縮し、集中したエネルギーを持つ「金」精油はティートリーなど

柔軟で変容性のあるエネルギーを持つ「水」の精油は、ゼラニウムなど。

 

そして、この陰陽五行説の理論がわかってくると、セラピーのみならず、様々な生活シーンで役に立ってきます。

例えば人間関係。

パワフルで我が強い「火」のエネルギーの強い人は、職人気質の「金」の人と相克関係ですから、攻撃的になってしまいます。

でもそこに母なる温かさをもった「土」の人が登場すると、「火」が「土」を助け、「土」が「金」を助ける間柄になるので、人間関係がスムーズになるのです。

この考え方は、会社やスポーツなどでのチーム編成に使えますね。

このように、陰陽五行説の世界はとても深く、そして広く、宇宙に存在するすべてのものに使えるのです。

 

私たちは皆、空間方位の運を持っています。

吉方位は4方位、凶方位は4方位あります。

吉方位のエネルギーアップや凶方位のエネルギーダウンにも、アロマの五行を利用することができるのです。

アロマで場を調整することで、空間がセラピーとしての空間になるとともに開運の空間にもなります。

アロマの香りで運気アップ・・・素敵だと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

Pocket